クルクミンとは、ウコンの主成分で、抗酸化力が高いことで注目されているポリフェノールの一種

クルクミンと聞いて、何が思いつくでしょうか。

カレーのスパイスやハウス食品のウコンの力に含まれている黄色成分になります。

カレーが服に染み付いたときに、綺麗な黄色のシミがつきますが、その黄色成分こそクルクミンです。

クルクミンとは、抗酸化力が高いことで注目されているポリフェノールの一種で、ウコンの主成分です。

また、天然の食用色素としても大活躍しています。

マツモトキヨシ、ドン・キホーテといった有名ショップの買い物袋だけでなく、最近では、カラス対策の為の黄色いごみ袋の色にも使われています。

クルクミンは、医学的にも大活躍をしており、抗腫瘍作用、抗酸化作用、抗アミロイド作用、抗炎症作用、解毒作用、胆汁分泌促進作用等があります。

カレーのスパイスは、漢方薬で作ることができると言っている人もいますが、カレーライスは、病気予防にもいいメニューなのかもしれませんよね。

ウコンの力は、飲み会の前に飲む人も多くいるかと思いますが、クルクミンを摂取することで、体内に入ったアルコールの解毒作用が発揮されるようですね。

飲み会の前のウコンの力は、飲まないと、安心して飲酒ができないと言っている人もいるほどです。

しかし、研究者によっては、クルクミンを摂取しても、少量しか体内に吸収されないと言っている人がいるようですね。

有用成分「クルクミン」と乳酸菌のWパワー!の健康家族の<美・ウコン>がオススメ!【日本全国1袋から送料無料

⇒ クルクミン豊富な美・ウコンの公式サイトはこちらをクリック!

NetCommons